アサダメッシュの技術はこんなところに
CHECK
アサダメッシュを知ろう!
ボタンをクリックして、アサダメッシュの製品が皆さんの生活の
「どこ」で活躍しているのかCHECK!
アサダメッシュの技術はこんなところに アサダメッシュの技術はこんなところに
  • sieve
  • filter
  • designmesh
  • solar power
  • electronic component
Scroll

アサダメッシュは何を作っているの?

当社の金属メッシュが使われるスクリーン印刷は、 幅広い素材にミクロン単位で刷れる高い汎用性を誇ります。
そのため半導体のチップや、スマホの電子回路といった、
精密なエレクトロニクス製品に活用できる印刷技術として、  さまざまな産業分野を支えてきました。
そしてスクリーン印刷に欠かせないのが、  私たちが手がける金属メッシュ。
スクリーン印刷の仕組みを熟知した独自のノウハウと、 世界トップクラスの織技術により、
国内外のあらゆる企業に貢献しています。

メッシュの使用用途①

スクリーン印刷
「水と空気以外には何にでも刷れる」汎用性と「版とインキが適正なら誰でも50ミクロンラインが簡単に刷れる」ハイクオリティを両立できる優れた印刷技術です。
篩(ふるい)・フィルター
メッシュを通して、異物の除去を行ないます。
化学・樹脂加工・食品・医療など幅広い産業の工場やプラントで利用されています。
デザイン
ステンレスメッシュの新たな可能性を求め、その審美性や織技術を、建築/プロダクト/ファッションなどの分野に、新素材としてご活用頂く提案をしています。

メッシュの使用用途②

メッシュの使用用途②
アサダメッシュってどんな会社? アサダメッシュってどんな会社? アサダメッシュってどんな会社? アサダメッシュってどんな会社?

工場見学

ステンスメッシュの製造工程をご紹介! 従業員一人ひとりに品質管理の意識を徹底させるとともに
各種検査機器を導入し、製造環境にも 細心の注意を払って作業を行っています。
アサダメッシュブランドが信頼されている 秘密を一緒に探っていきましょう。

徹底した
品質管理体制

各工場の入口には、エアシャワーを設置してクリーンな製造環境を維持しています。

埃などを吹き飛ばし、クリーンゾーンを守ります!

線材料の検査

糸の線径、表面品質及び、機械的特性を、独自の厳しい基準に基づき、すべての線材について検査を実施します。検査を通った材料だけが次の工程へ進みます。

線材料の検査 線材料の検査

メッシュ製造工程

整経(せいけい)
整経(せいけい)
ボビン巻線を経線用のビーム(千切り)に巻き換え、メッシュの製網に必要な織幅まで線を再配列していきます。
綜絖(そうこう)・筬(おさ)通し
綜絖(そうこう)・筬(おさ)通し
ビームに巻き換えられた経線を綜絖と筬に1本ずつ通します。
仕上げ
仕上げ
経線の張力を一定に調節し、緯線を用いて量産前の試験織を行います。
製 網
製 網
所定の点検項目に基づき、本生産の製網を行います。
洗 浄
洗 浄
メッシュを洗浄し、不純物を取り除きます。
カレンダー加工
カレンダー加工
加圧されたロールの間にメッシュを通すことで、所定の厚みまで織物を薄くします。
メッシュ製造工程

※ 経線:縦方向の線 緯線:横方向の線

最終検査

強伸度検査
強伸度検査
織り上がった製品の強度と伸度を測定します。
目開き、形状寸法検査
目開き、形状寸法検査
篩(ふるい)用の製品など目開き規格が厳しいものについては、定期的に測定を行います。
測厚検査
測厚検査
スクリーン印刷用の製品など、厚みの精度が厳しく要求されるものについては、3点側厚を行います。サブミクロン測定も対応可能です。
外観検査
外観検査
生産されたすべての製品について、傷の有無や表面状態などを目視で確認します。
最終検査

※お客様により、工程内容は異なります。

アサダメッシュの歴史

アサダメッシュは、創業から80年以上、「品質至上」を理念に掲げ
時代と社会のニーズを先読みし、未来を切り拓いてきました。

創業当初
鹿児島工場設立
3D-mesh
MS-D900mesh
OIH
本社
1940
  • 浅田茂次郎が大阪府松原市に篩(ふるい)・フィルター用
    金網製造メーカーとして浅田金網製造所(阿保工場)創業
1961
  • 瓶印刷向けステンレス165メッシュ製作
1972
  • 社名を浅田金網株式会社へ改名
1974
  • 鹿児島に薩摩工場を設立
1984
  • MLCC薄膜・高精細印刷向け500メッシュ製作
1988
  • 濾過・篩(ふるい)用635メッシュ製作
1990
  • 高強度材を使用した高空間率HSスーパーメッシュ製作
1993
  • 本社新社屋が完成。社名をアサダメッシュ株式会社として、
    薩摩工場を鹿児島工場と改名
1998
  • 目開き16μm 濾過・篩(ふるい)用795メッシュ製作
2001
  • 厚膜印刷用 3D-mesh®製作
2003
  • MLCC薄膜・高精細印刷向けMS640メッシュ製作
  • 独資で蘇州浅田精密网有限公司を設立
  • アサダメッシュ株式会社、ISO9001を取得
2004
  • 次世代メッシュ研究所を鹿児島に設立
  • スクリーン印刷技術を世界に広める活動がスタート
2008
  • MLCC薄膜印刷向けMS730メッシュ製作
  • アサダメッシュ株式会社、
    ISO14001環境マネジメントシステム承認取得
2011
  • HS-D650メッシュを開発
    従来の3倍の強度で寸法精度と版離れの課題を克服
  • SS(ステンレス&ステンレス)コンビネーションによる
    無変形コンビシートの販売を開始
2012
  • MLCC薄膜・高精細印刷向けMS-D900メッシュを開発
2013
  • 蘇州浅田精密网有限公司、ISO9001・ISO14001を取得
2015
  • 鹿児島工場にOIH(メッシュ技術革新センター)新築
2020
  • 株式会社アサダメッシュグループ本社設立
 

これからのアサダメッシュ

これからも、アサダメッシュは世界に先駆けて
新しいメッシュを提案し、いろいろな可能性を
世界に発信し、さらに
誇りある企業となれるよう、
社会的責任を全うし、企業革新に誠心誠意努めます。

わたしたちにしかできない技術
世の中支えていきます

アサダメッシュ株式会社 アサダメッシュ株式会社 アサダメッシュ株式会社 アサダメッシュ株式会社 アサダメッシュ株式会社 アサダメッシュ株式会社 アサダメッシュ株式会社