RO-Sieve

特殊形状で目詰まり減少

RO-Sieveメッシュは緯線の打ち込みを変えることで、目開き形状を長方形にしています。
特に真球粒子の篩用途では、粒子とステンレスメッシュの接点を4点から2点に減少できるため、目詰まりが起こりにくくなり、処理量が向上するというメリットがあります。トンキャップ金網とも呼ばれています。

開口率目安
メッシュ顕微鏡写真

規格表

規格表にない品種も対応可能な品種もあるため、ご希望の目開きがある方はお気軽にお問合せください

製品コード 目開き(mm) メッシュ数(本) 線径(mm) 開口率
RO-16/20 0.016 × 0.020 795 × 700 0.016 27.7%
RO-20/24 0.020 × 0.024 635 × 577 0.020 37.4%
RO-25/32 tw 0.025 × 0.032 500 × 445 0.025 28.1%
RO-25/36 tw 0.025 × 0.036 500 × 416 0.025 29.5%
RO-25/40 tw 0.025 × 0.040 500 × 392 0.025 30.8%
RO-38/61 0.038 × 0.061 374 × 279 0.036 41.8%
RO-45/53 0.045 × 0.053 330 × 300 0.032 36.4%
RO-45/72 0.045 × 0.072 330 × 244 0.032 40.5%
RO-43/41 0.043×0.041 325 × 332 0.035 29.7%
RO-61/62 0.060×0.062 250 × 248 0.040 36.7%
Scroll Side

※twは綾織りステンレスメッシュです